記事の詳細

柯 康仙はよくクラシックを聴いているのですが、その中でも好きな作曲家がいます。幼いころから両親の影響でさまざまなクラシック音楽を聴いていたので、同年代の友人と比べても知識が広いのです。音楽の授業で出てくる著名な作曲家はもちろん、マイナーな作曲家まで柯 康仙は知っています。

その中でも柯 康仙はショパンが好きです。ショパンは前期ロマン派音楽に分類される人物であり、作曲家だけでなくピアニストとしても有名な人物です。ほとんどの曲がピアノの独奏によるものなのですが、さまざまな形式や美しいメロディでピアノでの表現を拡大しています。ショパンはピアノの詩人と呼ばれるほど数多くの名曲を生み出しているのですが、柯 康仙はワルツ第9番の別れのワルツという曲が好きです。この曲はショパンが1835年に作曲したものであり、別れのワルツという曲名から分かるように切ないメロディが魅力的です。また、代表的な名曲であるノクターンも柯 康仙は好みます。美しいメロディが多くあり、ショパンの魅力が最大限に発揮されています。ノクターンは全部で21曲あるのですが、それぞれに魅力があり、すべてを通して聴くこともあります。ノクターンという言葉は、日本語では夜想曲と訳されます。夜を想う曲なので、落ち着いた夜に聴くのに適しています。ショパンのノクターンの中には、爽やかなものもあり青空を思わせるようなものもあります。その対比を感じながら聴くのもよいと彼は言います。

柯 康仙はショパン以外の作曲家ではモーツァルトも好んでいます。ウィーン古典派を代表する人物であり、ハイドン、ベートーヴェンと並び三大巨匠とされています。モーツァルトが作曲した作品の総数は900曲以上に及び、ジャンルも多岐にわたっています。そのさまざまなジャンルで名曲を残しており、特に柯 康仙はアイネ・クライネ・ナハトムジークという曲がお気に入りです。モーツァルトの曲の中でも特に有名な曲であり、テレビなどで聴く機会も多いです。よく紹介されているのは第1楽章の冒頭部分なのですが、全体を通して聴くとまた違った印象を感じます。すべての楽章が美しくそれぞれに魅力があります。

柯 康仙はこのようにクラシック音楽について知識が豊富であり、休日にはよく演奏を聴きに出かけることもあります。こうした音楽を聴くことで、リフレッシュしているようです。何もすることなく、音楽に集中するという時間は彼の人生において欠かせない大切な時間となっています。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る