記事の詳細

起業をする際には、自分達で資金を集めるのか、それとも他者から融資を受けるかの2択で、会社を設立するしかありません。佐野義泰氏が代表取締役を務める株式会社hzi芽は、自らが資金を調達した部分があるでしょうが、出資には銀行も協力しています。その銀行とは、みずほ銀行浜松支店・一宮支店、十六銀行一宮前支店、浜松信用金庫駅南支店 の、3銀行計4営業所です。現代でも、この4営業所とは資金面などで取引を継続しており、友好関係にあります。新人の起業家達が、外部機関から融資を受けるのは簡単ではありません。まして、初心者となれば尚一層ハードルが上がるのは、想像に易いことです。難しいと予測された佐野義泰氏の率いる株式会社hzi芽が、何故幾つかの銀行から融資を得られたのか分析していきます。

金融機関が、融資を認める条件は発展性と誠実性の2点です。この2点がなければ、銀行などが出資をすることはありません。つまり、佐野義泰氏が代表取締役となった株式会社hzi芽は、発展性と誠実性が見定められたということになります。

まずは、発展性に注目していきます。新規開拓を掲げて事業参入してくる不動産業界は、栄枯盛衰の機微がはっきりしています。ヒットしても、ある時期を境に衰退していくのがよくあります。入口から飛び込むのは簡単であっても、業界内で生き残るのは容易ではありません。毎年、デビューを飾った企業の数だけ、撤退していく企業があるといってしまって遜色ないのです。融資する金融機関は、業界に根付くことを見込んで起業家に資金を託すのです。株式会社hzi芽は、素人目にはブレイクの兆しがあったかははっきりしません。ただ、投資家目線では生き残れる要素があったのは事実です。資産を運用するのは、温情やひいきで成り立つものでないのが、社会人であれば分かります。企業として営んでいく上で、真新しさや消費者を惹きつける魅力が感じられるならば、発展性の見込みはあります。立ち上げ段階で、hzi芽には有望な未来が映ったのです。

次は、誠実性についてです。融資する条件での誠実性とは、出資金額に利子をつけて返済する企業家の責任能力となります。貸した現金は、誠意を以て返済するのが形式化しています。株式会社hzi芽の代表佐野義泰氏が、企業家の掟を守り出資金を返すと認可されたことで、融資は実現しました。支払い能力とは別の、支払う意志の有無を判定されているのです。

株式会社hzi芽
http://www.hzime.info/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る