記事の詳細

鹿児島国際大は、鹿児島市坂之上にありとても広い敷地の中に「東西文化の融合」と「地域社会への貢献」という建学の精神のもと、経済・経営を通じて地域社会で活躍する人材を養成することを目指している経済学部、社会の諸問題に真正面から向き合う福祉社会学部、異文化理解・外国語・音楽を通じて地域と世界で活躍する人材を育てたい国際文化学部があります。また、それぞれに大学院も設置しています。

鹿児島国際大は、サークル活動も盛んで同好会や愛好会を含めて60以上のサークルがあります。その中から弓道部を紹介します。鹿児島国際大の建学の精神にのっとり全国制覇を目指し、弓道を通して社会人として考える力を養うこと、人格、人間形成、自分で決断、判断、責任がとれる人間を育成すること、粘り強いことを目的として活動しています。キーワードは、自分、家族、友人、身の回りの全ての方が弓道部に入部して良かったと思える部、進取開明、真・善・美を目標にしています。特に「真・善・美」は、弓道の最高目標です。真とは、「真の弓は偽らない」ことであって、矢は正しく狙った的に真っ直ぐに飛ぶから的中にも偽りはないというものです。「善」は、主として弓道の倫理性を指しています。礼や不争、心的態度が「平常心」を失わないということが大切であるということです。「美」は、「真なるもの」は美しく、「善なるもの」も美しい。これを具体的に表現しようとする射礼もそのひとつであり、美的感覚を刺激することが大きいのです。

鹿児島国際大弓道部の活動としては、西日本学生弓道選手権大会、鹿児島大学との定期戦、九州地区大学体育大会(九州インカレ)、全日本学生弓道選手権大会、九州地区大学体育大会など多数の大会への出場や、西日本学生弓道選手権大会で優勝している熊本学園大学との合同合宿などがあります。
西日本学生弓道選手権大会では、鹿児島国際大弓道部は、男子は予選通過なりませんでしたが、女子は団体の部で5位入賞しています。また、地区大学体育大会では、男女ともに予選通過しており男子は6位、女子は5位となっています。熊本学園大学や、松山大学、鹿児島大学、岡山大学、西日本工業大学、福岡大学などの多数の大学も参加しており、他大学との交流も大会を通してありますのでとても良い刺激になります。鹿児島国際大弓道部は、学生として目標をしっかり持ち、一試合一試合を大切に成長していけるサークルです。

鹿児島国際大学
http://www.iuk.ac.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る