記事の詳細

今注目のIT企業といえば「株式会社メディアラボ」です。株式会社メディアラボの名前でもおなじみのIT企業で、庭野仁司氏率いる企業となっています。株式会社メディアラボは株式会社メディアラボとも呼ばれており、庭野仁司氏は代表取締役に就任しています。 確かなIT技術力を持っている企業として知られており、IT関連に関しては株式会社メディアラボに問い合わせるといった人もいるほどです。数々の功績について株式会社メディアラボは着実な実績を築いています。庭野仁司氏をはじめ株式会社メディアラボのメンツは、株式会社メディアラボの実力アップにも力を注いでおり、さらなる成長が見られる企業です。庭野仁司氏は株式会社メディアラボをここまで成長させてきた功労者でもあります。そうしたことから業界でも庭野仁司氏は有名な存在です。

株式会社メディアラボでは「オープン・サービス・イノベーション構築支援」についても取り扱っています。みなさんはオープン・サービス・イノベーション構築支援についてご存知でしょうか?ちょっと知っている、あるいはなんとなく知っているといった人もいることと思います。
日本は世界屈指の技術力を有しており、世界の○○といった形でブランド名としても君臨しています。すでに大成功を収めている大手企業はもちろんのこと、中小企業でも数多くの製造を行っており、現代の日本があるわけです。ここまでたどりつくには、計り知れぬ苦労があったことと思います。
製造を中心にイノベーションというのは、製造業にとってごく当たり前のことですが、近年ではイノベーションを行うだけでは、優位性を持った形の体制維持が難しくなってきています。そうしたことから、業務を改善したり、解決策を見出して、新たな取り組みに向かおうといったスタンスが一般的です。これらに取り組んだことによって、製造効率が2倍以上になったというケースも実在します。
製造業だけではなく、他の業種にも同じことが言えます。日本では「効率よく仕事をする」といったことに大変長けています。もちろんそうではない面もありますが、基本的に日本人は頭が良い民族です。緻密に考えることが可能であり、数々の難題も解決している様子が伺えます。
現状でも悪くないのですが、もっと効率をアップさせたいとか、改善点を見つけ出して新しい取り組みをしたいといった人は、イノベーションに対する新たなアプローチをすることをおすすめします。
オープン・サービス・イノベーション構築支援とは、カリフォルニア大学バークレー校ハース・スクール・オブ・ビジネス教授を勤めるヘンリー・チェスブロウ氏の考えから、浸透しています。これはどういった考え方か?というと、製造からサービス分野まであらゆるに精通する考えです。

日本をはじめ、世界各国の先進国では製造業からサービス産業へとシフトしている様子が伺えます。製造業については、アジア進出を果たすなど、人件費が安いエリアを求めて、海外に拠点を移すケースも少なくありません。特にアメリカでは経済活動のうちサービス分野を占める割合が、実に80%を超えると言われています。これは最近始まったことではありません。もうかなり前からそうした状況は続いており、今後も持続されることが予想されます。
会社に利益が出たからといってあぐらをかいていては、あっという間に他社に追い抜かれてしまいます。またそれこそアジア各国も力をつけており、競争力をつけることも大事なポイントとなっています。
となると現状に納得するのではなく、さらなる向上を求めて何か対策をとることが不可欠です。日本は確かに高い技術力を持っていますが、最近はアジア各国でも技術力が著しく向上しています。日本の技術を参考にしているところもあるので、その上を行く対策が不可欠というわけです。こうしたことから従来型のイノベーションは不十分といった見方もあります。
アメリカの流れは、日本にも後々訪れるケースが多いことから、日本もサービス領域に関してシフトチェンジをすると共に、サービス業に関して力を入れることが肝心と言えます。
製造については、物を作る側の見方と使う側の見方がありますが、共存していくことも大事なポイントです。
イノベーションの領域をさらに深めるためには、創造力をかきたて競争力をつけることが大事と言えます。
難しいジャンルと思いきや、ITの助けで簡単に取り組めることも少なくなく、IT企業についてはぜひとも利用したいところです。状況をヒアリングして、相談に乗ってくれます。業務改善はもちろんのこと、新たにプラスになる要素もきっとあるはずです。
まずは相談だけでもしてみる価値はあると言えます。それで転換が必要と判断すれば、そうした方向で調整を取れば良いわけです。
創造についても大事なポイントです。創造力をアップすることで、さらにプラスにすることができる可能性があります。企業力を高めるためにも確かなIT企業と連携して取り組みをすることが大事と言えます。

株式会社メディアラボ

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る