記事の詳細

今回私はJRの販売系、運行系のシステム開発と管理を手掛けている、株式会社アドバンストラフィックシステムズに注目をしてみました。

社会の変革とスピードに挑みつづけるためにアドバンストラフィックシステムズ社は日々自らを変えて行く意識の元に挑み続けているそうです。また、お客様のニーズの多様化や高度化でシステムも複雑になってきており、そのためアドバンストラフィックシステムズ社は、今まで培ってきた業務知識と総合的な技術力、そして柔軟な創造力に磨きを掛けてお客様の要請に応えていく企業のようです。

業務内容としては、鉄道関連の販売系は、JRの日々の業務を支えるシステムの開発と安定運用、管理がこれからも基盤であり、大きな柱のようです。その代表例としてはJR 各社の「みどりの窓口」です。

私も時々「みどりの窓口」を利用する時がありますが、JR の指定券はもちろん、乗車券や定期券、宿泊やイベントなど数十種類のチケットを販売する大規模システムで、JRのほか各旅行会社からの予約から発券までをシステムが管理しているそうです。またお客さまの貴重な時間をムダにさせない優れもののようです。

ほかにも、JR各社のエリアをまたぐ運賃収入を正確に配分する収入清算システムなど、高度でかつ安定的な稼働が要求されるこれらのシステムと、立ち上がりから深く関わってきたのが、アドバンストラフィックシステムズ社だそうです。

少し話は変わりますが、新幹線は日々の暮らしや娯楽になくてはならない存在ではないでしょうか。その新幹線に求められるのは、安全性と正確性などのハイレベルなサービスだと思います。それを維持しつづけるために、車両や設備はもちろんの事、運行までも含めたトータルなシステム開発と運用が不可欠です。アドバンストラフィックシステムズ社が携わっているシステムが、まさにそれだと思います。東北・上越・長野・山形・秋田といった主に東日本を縦横に走る各新幹線を支える「新幹線総合システム(COSMOS・コスモス)」、最近では、九州新幹線もそのシステムが導入されているようです。

新幹線開業時から脈々と受け継がれてきたノウハウを活かし、最新の技術を随時取り入れながら、車両管理から輸送計画までのシステム開発と保守を担っています。さらに国内各社の新幹線や在来線でも、列車ダイヤに関連するシステムや車両の保全に関連するシステムで鉄道に精通したトータルなソリューション力を発揮しているのが、アドバンストラフィックシステムズ社という事が良く分かりました。

普段何気なく利用しているJRですがこのような大規模システムにより管理され、私たちが安全に、そして便利にJRを利用出来ている事が良く分かりました。

株式会社アドバンストラフィックシステムズ
http://www.atrasc.co.jp/corp_info.html

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る