記事の詳細

福岡市は性感染症問題についての悩みを抱えている都市です。九州最大の町ではありますが、毎年40~50人程度のエイズ感染者が誕生していることが分かっています。このデータは医療法人原三信病院に在籍している野村博之医師が所属している福岡市性感染症(STD)研究会の統計によって明らかになっています。エイズの主要な原因は男性同士での性干渉と考えられていますが、この問題に対してどのように取り組むかということが福岡市の医師の間でも議論の対象となっているのです。ただし、年代によるものは特に関係ないという意見が多く出ていると言われています。

野村博之医師が性感染症に関する診療に取り組んでいる理由ですが、それは彼が泌尿器科の専門医であることが大きく関係しているでしょう。野村博之医師は性的干渉についての治療や尿路結石症といった症状に対する治療を得意としています。更に、日本泌尿器科学会や日本製罐線学会にも所属しており、それ以外にも認定医や指導医といった能力も持っています。

泌尿器科医の仕事内容は多いですが、前立線がんや膀胱がんなどの症状を診察することもあります。これは、野村博之医師の職務内容に、がんの診察も含まれているからです。がんは不治の病とも言われるものですが、当然務めとして治療にあたっています。

野村博之医師は原三信病院内でME 機器偉材監理員会の一員として活動をしています。ME機器はMedical Engineeringの略で、医療工学機器を安全に使うために適切な管理を行う仕事を行っているのです。こうした仕事は管理のミスが起こると非常に大きな問題になる可能性がありますが、そのような仕事であっても引き受けるのが野村博之医師の人物像なのです。

野村博之医師が所属している原三信病院は福岡市にあります。福岡市内での救急指定病院であると同時に、人間ドック検診施設機能評価認定病院として損座しています。さまざまな診療科目が存在する総合病院として明治12年の開業から機能しています。黒田藩のお仕え医師として名を知られている一二代原三信が開業したことが始まりです。その後、一三代目原三信が診療所と一緒に私立病院を開設しました。当初は小規模な泌尿器科からスタートしたと言われています。つまりこの泌尿器科は歴史的にとても古いものであり、野村博之医師はその歴史ある場所で働いているのです。

野村博之医師のような優秀と言っても良い医師のいる病院であれば、安心して治療を受けられるのではないでしょうか。

野村博之

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る