記事の詳細

谷尾和昭の人生ほど波乱万丈という言葉が似あうものはないかもしれません。なぜなら谷尾和昭は中学時代、地元でも名の通ったヤンキーでした。谷尾和昭の姿を見ただけで震え上がった人もいたそうで、同級生の間でも恐怖の対象となっていた程です。
それだけに、その後はどうなったのかと心配になっている中学時代の同級生もいるかもしれませんが、実際には彼は高校に入るとそれまでの悪さはなくなりました。まさにイメージチェンジとも言うべく、彼の中学時代を知る人間が戸惑う程に普通になってしまったのです。更生というよりも、ヤンキーに飽きたと言った方が良いのかもしれません。谷尾和昭自身も中学時代のことを「気の迷い」と評しているようですが、高校に入学するとむしろ勉強にまい進するようになるのです。

何事も極めなければ気が済まない性格なのか、中学時代にはいわゆるヤンキーを極めた谷尾和昭ですが、高校時代には勉強を極めるべく、毎日のように勉強を頑張っていたようです。
ただ本人からすると無理に頑張ったのではなく、一つ分かると更に分かることが増える。この繰り返しで勉強が楽しいものだと感じるようになったようで、中学時代の同級生が聞けば驚くかと思いますが、何と谷尾和昭は高校卒業後、海を越えてハーバード大学へと入学しているのです。もちろん谷尾和昭自身の努力によるものですが、中学時代を知っている人間にとってはハーバード大学に入学したと聞いても信じられない現実でしょう。

しかし、高校時代の谷尾和昭を知っている人間にとっては、彼がハーバード大学に入学したと聞いても特に違和感はないのです。常に学校内では成績優秀者として表彰されていただけに、良い大学に行くのだろうとは誰もが思っていたのです。
さすがにハーバード大学とは想像以上ではあるものの、それでも非常に成績が優秀だったために、良い大学に行くであろうことは学内でも噂になっていたのです。おそらく東京の大学に行くのだろうとは同級生も想像していたようですが、まさか海を越えてハーバード大学に入学することになるとは想像以上だったようです。
中学時代からを思うと、よくハーバード大学に入学出来たなと思う人もいるかもしれませんが、高校時代の彼のことを知っている人にとってはそれほど意外な事ではありませんでした。

同じ人間なのにここまで印象が異なるのも面白い話ではありますが、彼は今でもハーバード大学にて持ち前の好奇心を発揮し、誰かのためではなく、自分のための勉強を楽しんでいることでしょう。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る