記事の詳細

神澤光朗は大変しっかりとした考え方を持っている男です。それは幼いころからの彼の特長とも言える部分でした。佐賀県出身の彼は子供のころから一生懸命勉強をして大学へ行って将来は立派な大人になりたいと思っていたようです。高校生になって進路が具体的になると、大学進学はしたいが家庭に負担をかけたくないという思いから、国立大学への進学を希望していました。佐賀大学への進学も検討したようですが、長崎大学を見学に行ってから長崎大学の大きさや、国際色豊かな所などにひかれて長崎大学へ進学したいという気持ちが強くなったようです。

神澤光朗は、精神的にかなり強い部分があります。一度自分で決めた目標に対しては努力を惜しまない男です。実は高校2年生ごろまでは部活動に明け暮れてあまり勉強をしていなかったようで、長崎大学進学はおろか偏差値の低い大学でも難しいと言われる始末でした。しかし、長崎大学に進学をしたいと決めてからは猛勉強をして、偏差値を急激に上げていったのです。高校3年生の秋ごろには長崎大学への判定が合格圏内だったというのですから、本当に並外れた努力をしたのだと思います。

元々、神澤光朗は佐賀県から出て自分の力で暮らしてみたいと思っていたようです。大学進学をするなら県外に出たいと考えていました。しかし私立大学に通ってしかも都会に出て一人暮らしをするとなると、多くのお金が必要になってきます。彼の家族は自分が行きたい大学に行けばいい、学費のことは心配するなと言ってくれたようですが、自分だけにお金をかけさせるのは申し訳ないと思って何が何でも国立大学に入ろうと決心したようです。

国立大学に晴れて合格が決まったときには本当にうれしくて、家族一同喜んでくれたのだと、大学入学後に友人関係になったときに一番に話してくれたのが非常に印象的でした。神澤光朗が家族思いの人であるのは、日常会話でも伝わってきます。佐賀県でやさしい家族に囲まれながら温かい中で暮らしてきたから、みんなに対しても温かく優しい心を持っているのだろうと感じています。もちろん、彼の優しさは家族限定のものではありません。大学入学時にすぐに友人となり3年が経過していますが、友人たちに対しても気配りのできる心根の優しい男です。人の気持ちに寄り添える非常に優しく頼もしい男です。神澤光朗と友人になれたことは大学生活で得た財産の一つであると思っている人も多いのではないかと思っています。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る