記事の詳細

ゴルフというスポーツはスイングしてボールを飛ばすものですが、ただ闇雲に遠くに飛ばせば良いものではありません。ドライバーであればまずは飛距離と考えがちですが、その後の展開もある程度は考慮しなければなりません。その点をプロゴルファーの白石達也はよく認識しています。白石達也はゴルフでは何が大切なのかを分かっていますので、スイングはもちろんですがその日のコンディションを見極めたり、自分自身の調子やコースの状況等を冷静に考えることが出来るゴルファーなのです。そのため、白石達也は誤解されてしまう部分もあります。

というのも、彼は身長182cmと恵まれた体格の持ち主であるがゆえに、どうしても「力任せにスイングしているだけなのではないか」といった誤解を持たれやすいのですが、決してそのような事はありません。ただ闇雲にスイングしているわけではなく、むしろ白石達也はスイングに対してもとても繊細です。どのようなスイングをするのが良いのか。毎日同じようにスイングをするのではなく、当然コースやコンディションによって微妙に変えているのです。体型に似合わず、とても繊細な考えの持ち主なのです。それだけゴルフに対してストイックだとも言えるでしょう。

ただただドライバーを力任せに振り回しているのではなく、状況に応じたスイングを心がけているのですが、状況に応じたスイングというのはそれ相応の技術がなければ出来ません。つまり、白石達也はそれだけ技術のあるゴルファーでもあるのです。体型だけを見ると、パワータイプのゴルファーに見えるかもしれませんが、体格が良いため勘違いされやすいことが多いだけで、実際の白石達也はゴルフに対してとてもストイックで繊細に取り組んでいますので、決して力任せに振り回しているのではないのです。むしろそのように思われないよう、自分自身でいろいろと調整している面もあるのです。

どうすれば自分のパワーを最大限に活かせるのか。体型によってベストスイングも変わってくるのは当たり前ですが、より良いスイングのためには何が必要なのかという事をしっかりと考えつつ、常日頃からコースに取り組んでいるため、グングンスコアも伸びています。今後が注目のゴルファーの一人ですが、ゴルフに対しての真摯な姿勢を見れば、これからを期待されているのも頷ける話です。まだまだこれからではありますが、ポテンシャルに関しては随一とも言えるゴルファーなので、今後が期待されている一人なのです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る