記事の詳細

テニスのサーブは、プレイの中でも唯一自分から打つことができるショットです。自分のターンで試合の流れを進めることができるため、サーブは打ち方がとても重要です。サーブで特に大切なのは、グリップの形状と身体の使い方だと戸江達哉は考えます。グリップは、薄いグリップでなければ上手くサーブを打つことができません。プロのスーパープレイを見るとわかりますが、ムチのように腕をふるって、プロネーションを最後に使います。プロネーションは、薄いグリップでなければ打つことができません。分厚いグリップでは、スピードが出ないのです。そして体の使い方ですが、こちらもプロのプレイを見ていたらすぐに理解できます。戸江達哉流のサーブはすべて、プロのスーパープレイから学んで得た技術です。

最初の構えは、リズムが合うような、自分らしい構えを選びます。基本的にスムーズな動作が必要なため、違和感のない楽な構えを見つけます。オーソドックスな構えを真似すると自分に合った一番の構えが見つかります。テークバックは、手を引いているように見えるものの、体を回して体全体でターンしながら行います。聞き手柄の肩甲骨を背中に寄せて、体全体でターンします。手を引くだけにはならないよう注意しましょう。

テークバックの際に、上半身をひねった後すぐに足で地面を蹴ります。すると、上半身のひねりがスムーズに戻ります。戸江達哉が思うサーブでは、物理の法則をとても利用しています。上半身のひねりを素早く元に戻すために、地面を蹴って足を伸ばします。この時、胸は思いっきり張りましょう。ボールとラケットが当たる丁度、打点となるところに胸を向けます。プロはみな、こうして胸を張って打っていることが見ていてすぐにわかります。テークバックで肩甲骨を背中側に寄せていましたね。この段階では、まだ伸びていません。腕は勝手に振り下ろされるので、そこで肩甲骨が伸びるのです。

サーブのスイング時のスピードは、下半身と身体の回し方で生まれると言われています。腕の力はほぼ使いませんから、とても楽に打てると感じることでしょう。これこそ、戸江達哉が思うサーブの上手な決め方です。打った後は、自然と左側にラケットも力も抜けていきますから、打ち返された場合でもすぐに次の行動を起こすことができます。

左手は必ず、体全体をサポートできるような位置に置いておきます。バランスを取る感覚です。パワーを集中させて、打つ方向性を出すためには、左手の位置に注意が必要です。サーブは基本的に、テニスで難しい技術の中に入ります。ですが、戸江達哉が思うサーブの方法を実践してみて下さい。思ったよりも軽く、簡単にサーブを打つことができるようになりますよ。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る