記事の詳細

北澤篤史は大学受験についてのスペシャリストであり、これまでにさまざまな生徒を指導してきた経験があります。そんな北澤篤史の考える大学受験のポイントについていくつか紹介しましょう。現在は大学進学率が5割を超えている時代であり、多くの生徒が将来は大学へ進学しようと考えています。日本には非常に数多くの大学があり、試験の難しさは幅広いため、どのように大学受験の準備をすればいいのか困っている方も多いでしょう。そのような方のための情報を提供します。

まず、大学へ進学する目的をはっきりとさせましょう。今の子供達の多くはみんなが大学へ行くから何となく自分も進学するという気持ちでいることが多いです。しかし、そのような曖昧な動機で大学へ進学したとしても、途中で挫折してしまったり、中退してしまう可能性があります。しっかりと将来の進路のことを考えて、また自分がどのような学問に興味を持っているのかを考えた上で、大学進学について考えましょう。勉強したいことがあるのか、将来就きたい仕事があるのかという点を重視して大学進学を考えると良いでしょう。大学というのは勉強をする場所であり、さまざまな経験ができる場所なのですが、それらは能動的に行動しないと得られないものです。目的をしっかりと持つことの大切さを北澤篤史は強調しています。

志望校の選び方としては、まずは国立と私立のどちらにするのかを選ぶべきです。家庭の経済状況に不安を感じている方は国立にするべきでしょう。また、親が学費を出すことが困難な場合でも、奨学金をもらったり、授業料免除の申請をするなどすれば、学費については問題なく払うことができます。志望校を選ぶ際には、自分が勉強したいこと、将来付きたい仕事を中心にして選びましょう。最初に学部や学科を選び、自分が合格できる可能性のある大学を探すと良いでしょう。

北澤篤史は大学入試制度を正しく理解することが大切だと考えています。入試制度はずっと変わらないものではありません。たとえば、両親が受験をした頃と比べると現在の制度は大きく変化しているでしょう。インターネットを使ったり、書籍を利用することによって、入試制度の最新情報を把握することができます。どのような入試の方法があるのかを調べて、自分に最適なものを選びましょう。必ずしも一般入試にこだわる必要はありません。最終的に大学に合格することができれば良いからです。

北澤篤史は大学受験の勉強ではスケジュールを立てることが大切だと主張しています。入試の日までに残された日数を考えて、それまでにどのように受験勉強を進めていくのかを考えましょう。一ヶ月単位でそれぞれの受験科目についてどのように学習を進めていくのかを明確にしておくべきです。もちろん、スケジュールは途中でずれてしまう可能性がありますが、それは別に構わないことです。仮にスケジュールよりも遅れてしまったり、逆に早まってしまった時には、臨機応変に対応しましょう。スケジュールを考えておかないと、効率よく受験勉強を進められなくなります。

大学受験の勉強でまずするべきことは過去問であると北澤篤史は思っています。基本的にそれぞれの大学の入試問題の傾向というのは、毎年それほど変わらないからです。まずは過去問をチェックして、どのような範囲からどんな問題が毎年出されているのかをチェックしましょう。問題のレベルを実際に把握して、合格点を取るためにはどのくらいの学習が必要なのかをきちんと考えましょう。いきなり合格点が取れるぐらい過去問が解ける必要はありません。これからの学習によって、最終的に入試の日に合格点が取れるレベルに達していればいいのです。

受験勉強には息抜きが大切だと北澤篤史は言っています。人間の集中力には限界があるため、たとえば1時間勉強をしたら5分休憩すると、それだけで頭の中がクリアになります。また、たまにはまったく受験勉強をしないで遊ぶ日を作っても良いでしょう。そうすれば、疲れた心身をリフレッシュすることができて、次の日からはまた新しい気持ちで勉強に取り組めるようになります。入試の日まで勉強のモチベーションをずっと保つためには、息抜きを定期的に取ることがとても重要なのです。無理をしないようにしましょう。

北澤篤史は大学受験でのポイントとして以上の点の大切さを主張しています。大学受験というのは、その後の人生に大きな影響を与える大事なことです。自分の将来を決めるかもしれない重要なイベントとなります。何も考えずに大学受験に臨んだとしても失敗する可能性はかなり高いでしょう。北澤篤史が考えた大学受験の大切なポイントをきちんと理解して、それらを実践しましょう。そうすれば、自分の志望した大学に合格することができて、素晴らしい学生生活を満喫できるでしょう。北澤篤史は多くの生徒達が自分の希望した進路へ進んで、充実した人生を送ることを期待しています。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る