記事の詳細

お店やネットでワンちゃん、ネコちゃんを購入すると、万が一死んでしまったときのことが気になる方も多いでしょう。生き物なので絶対に病気にかからない、死なないなんてことは保障できませんが、クーアンドリクでは独自の生命保障制度で安心があります。

・ 生命保障とは?
生命保障とは万が一の際の保険のようなものです。クーアンドリクが独自に設けているもので、購入したワンちゃんやネコちゃんが病気・怪我による死亡の際の保障となっています。

生命保障に加入すると最大36ヶ月まで保障期間が設けられ、万が一の際には価格の10%〜35%が保障されます。さらに保障期間内にペットが怪我や病気などにより死亡した場合、代替ペットを提供してくれます。その際の治療費は含まれませんが、ペットを購入する費用は安いものではないため、代わりのペットを提供してくれれば購入者側にとって助かる制度だといえます。

生命保障に加入しない場合でも、クーアンドリクは契約日から2週間以内の死亡に対し、生体代金の半額費用を支払えば、代替ペットを受け取れるサービスもあります。

・ペットが死んでしまうこともあるの?
ワンちゃんやネコちゃんの死亡は、生体を扱うペットショップならどこでもありえることです。もともと先天的に体が弱い子に当たってしまったり、ショップに移動する前に感染症にかかったりするリスクもあります。これら先天性の病気を事前に知ることや、感染症の潜伏を見抜くのはほぼ不可能です。

クーアンドリクではワンちゃんやネコちゃんの駆虫をしたり、ワクチンの接種などにより健康管理がされています。専属の獣医によるメディカルチェックが行われ、個体それぞれの健康状態も確認されています。

それでも生き物を扱う以上万全とはいえないため、クーアンドリクでは独自の生命保障制度を設け、万が一の際のトラブルにも対応しています。

・ 保障のプランについて
保障プランは期間ごとに個別に分かれており、最大36ヶ月まで対応しています。

契約から2週間までは生命保障制度に加入していない場合でも生体の半額の代金を支払うと、代替ペットが受け取れます。1ヶ月は価格の10%、3ヶ月は15%、6ヶ月は20%、12ヶ月は25%、24ヶ月は30%、36ヶ月は35%の保障金額です。価格とは生体価格とクーリク安心パックを含んだものになります。

保障は期間中の不慮の事故などの怪我、先天性疾患も含む病気による死亡時です。万が一ペットが死亡した場合は代替ペットを提供してくれます。もし代替ペットの生体価格が、当初の生体価格より高い場合、その差額を支払うことで受け取ることができます。

まとめ
クーアンドリクの生命保障サービスは、生き物を買う場合に万が一に備える制度です。ワンちゃんやネコちゃんの価格は決して安いものではないため、最大36ヶ月間保障されていれば、購入者も安心です。

クーアンドリク
http://www.pet-coo.com/cgi-bin/index.cgi

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る