ブログ

  • 萩広史はどのように1万本以上も収集したのか

    日本には「1万本のワインセラー」をウリにしている会員制社交クラブもあるくらいです。一個人である萩広史が、一体どのようにしたら1万本以上も収集できたのでしょうか?もともと子供のころから切手収集をしており、収集することに喜びを見出すようなタイプの性格であることも一因ですが、1万本を個…

  • 大坪義明は妻のサポートによって昇進できました

    大坪義明は就職4年目にして係長に昇進しました。社内での人望も厚く、ビジネスの面においては全てが順調でした。そこで、そろそろ結婚してプライベートも充実させたいとと思うようになったのです。しかし、これまでビジネス一筋だったので、恋人ができたことはありませんでした。それどころか会社以外…

  • 大渕愛子の存在感

    かつて弁護士と言えば固い存在で、テレビや雑誌で見かけても法律のお話しかしていませんでした。これはメディア側の要望でもありましたが、弁護士にキャラクターなど求めておらず、法的知識のみを発揮してくれれば良いと考えられていたからです。キャラクター性などタレントが他にたくさんいるのですが…

  • 大濱民郎によってアメ車が来るかもしれない

    かつて流行は限られたメディアから生まれるものでした。テレビで注目されたり、雑誌で紹介されたりすることで、そこから消費者へと波及し、流行を生み出すようになっていたのですが、インターネットの登場以来、個人でも手軽に流行を作り出すことが出来るようになりました。インターネットのおかげで、…

  • お肉ブーム

    このところ、肉ブームが来ていますね。ステーキ屋さんでは、熟成肉とか大流行していますし、シュラスコのお店ができたり、肉フェスなるイベントが開催されるなど、なんだか不思議な盛り上がりを見せています。荻原綾さんも今ブームのお肉料理が大好きだそうです。これまで、パンケーキとかフレンチトー…

  • 大学教授片山哲也の紆余曲折な歴史研究人生

    片山哲也は頭は良い一方、あまり要領が悪いとは言えない人生を歩んできました。高校を優秀な成績で卒業して名古屋近郊にある私立大学文学部に入学、以後は日本史学研究室に所属して大学院にまで進みました。片山哲也はこの時、1度目の運命的な出会いを果たします。それは修士課程1年の時に、退官した…

  • かなり几帳面な男性、八ツ田和夫

    八ツ田和夫は非常に几帳面な男性です。彼の生まれは静岡県の田舎。彼には祖父母に両親、2人の姉と1人の妹がいます。家族は皆、昔からその田舎でのびのびとおおらかに暮らしているのですが、なぜか彼だけ、超几帳面なのでした。幼いときから、おとなしくてもの静かで、とてもとても几帳面だった八ツ田…

  • アパレルと金昌宏

    金昌宏にとって、アパレルは憧れの仕事です。現在も、彼はアパレルの何たるかについて勉強しています。彼の父親が服屋を経営しており、彼は毎日のように服を買いに来るお客さんを見ていたそうです。そんな父親の背中を見て、彼は服を売る側ではなく、作る側に回りたいと考えました。 人生におい…

    金昌宏
  • 農地と金塚秀仁

    金塚秀仁の農家としての実力は、本物です。無農薬栽培に関わって、彼の実力は見違えるように向上しました。レタスなどの菜物も、彼にかかれば容易く栽培できます。ビニールハウスでの栽培において、金塚秀仁は高い品質管理能力を持っています。農薬を使わないのが無農薬栽培、一筋縄ではいきません。少…

  • 大学時代の村上豊彦

    村上豊彦さんは高校時代から趣味がサッカーで、見た目からがたいがよく大人な印象のある方です。見た目からは大学生だとは思われないのではないでしょうか。村上豊彦さんは就活というか、将来についてしっかり考えている方です。サークルはされているそうですが、大学内でも人脈が広いほうが良いと、サ…

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る